福岡ランチ部日誌 毎日提出必須!!部員が食べ歩いた福岡のランチ情報をみなさまに。
人気のお店から隠れた名店まで福岡のランチを食べつくせ!

部員紹介

    部長

    麺類と丼を一緒に食べる炭水化物中毒。夏は香川へ遠征。鶏肉にも目がない

    セレ部員T

    ランチぐらいセレぶりたい☆1000円オーバー(安い!?)のランチを食べ歩きます


    かまぼこ
    好き嫌いなしの貧乏部員。飢えればアリンコも食べます。

    ハイジ
    自然食を愛する和食党のハイジです。チーズも好き

    メガネ
    麺好き、焼鳥好き、丸腸好き、豚汁好き、そしてメガネ好き

    フレッシュ
    なんでも大好き、フレッシュガール。どんなものでも美味しくいただきま~す!

    まるちゃん
    一人暮らしで栄養不足↓安くて栄養満点でおいしいランチを探求するぞ!

    トミー
    甘いもの大好きトミーです。デザート付きランチめざして出発!

    イワオマス
    三度のメシよりランチがスキ。ランチを食べない日がないくらい!

    マネ
    ユーレイ部員撲滅!前髪をたなびかせて自らもランチ報告するマネージャーです

月別アーカイブ

警固の「わっぱ定食堂」でB定食

今日の担当はマネマネ
はー今日で7月も終わり。早いものです。
暑さに負けず外に繰り出しますよー。
警固方面に行く時のお楽しみ!「わっぱ定食堂」に来ました。
わっぱ定食堂
先日、ヒナパパスが「リストランテ中田中」でランチをしていましたが、その系列店です。
ここも人気のようで、若い方からおじさまおばさままでいつ行っても店内は大賑わいです。
きまって注文するのは「B定食」(650円)。
旅館の朝ごはん的なおかずがたくさん並ぶ定食です。
ちなみにA定食もあります。こっちはおかずがもりもりなんです。男性向けでしょうか。
店内には人気のメニューランキングが張り出されていて、このB定食は第二位です。
ちなみに一位は「豚汁定食」。以前一度注文したらあまりのボリュームに残してしまった胸が痛むメニューです。
食べても食べても減らない豚汁…ギブでした…。
半分の量の豚汁定食もあるみたいなので、次回はそっちにします。
そうこうしている間に「B定食」が運ばれてきました!
B定食
あーおいしそう!
内容は、ご飯、焼鮭、角天、温泉卵(or卵焼き)、じゃこおろし(orなめこおろし)、明太子、岩のり、みそ汁です。
ご飯がすすむおかずがいっぱい!
どれから食べるか迷う~とか言いながらいつも私は角天から行きます。なぜでしょう。
誰か心理テストしてください。
毎日こんなご飯がたべたいわーと思わせる、ヘルシーなおかずたち。
これだけで一日30品目の目標が達成できそう。
しかもどれもおいしいー。
さらに店の一角には“ご自由にお取りください”のお漬物が。
つぼ漬けとすぐき漬け(?)を小皿にとっていただきます!
つけもの
これ以上おかずを増やしてどうするんだー。
でも取らずにはいれません。
さらにふりかけもテーブル上にありますが、さすがにそこまでは…
ご飯はおかわり自由なのでお腹が空いてる人はふりかけまでいかがですか?
ここのお店は雑誌が豊富なのも高ポイント。
女性誌は「VOGUE」や「SPUR」などオシャレな雑誌もあります。
ひとりランチには心強い味方です。今日は運ばれてくるまで「散歩の達人」を読んでいました。
雑誌
はー、おなかいっぱい。
大満足の本日のランチでした。
—————————–
店名 わっぱ定食堂
住所 福岡市中央区警固2-10-12 [地図]
電話 092-781-3708
営業 11:30~22:30くらい





カテゴリー: 赤坂・警固 | コメントはまだありません »

中洲「元祖瓦そば たかせ」ビフテキ丼ランチ

今日の担当はセレ部員Tセレ部員T
前回に引き続き、またもや博多リバレイン イニミニマニモ5階グルメフロアに
セレ部活をしにきましたー!
今回は、このフロアでまだ入ったことのない、
山口県川棚温泉の名物料理がウリの「元祖瓦そば たかせ」で
お約束の1000円オーバーのランチを食べたいと思います。
たかせ
外観はこのような感じ。店内はテーブル席や座敷の
ほかに、二人掛けソファのようなイスに座るカウン
ター席がありましたよー。座り心地もよかったです
この、いかにも温泉地の名物料理っぽい「瓦そば」ですが、
その歴史は古いみたい。
明治十年、西南の役において熊本城を囲む薩軍の兵士が、長い野戦の合間に瓦を用いて野草、肉などを焼いて食べたという話をヒントに、「たかせ」の創立者 高瀬慎一という方が「瓦そば」を考案したようです。「瓦そば」は茹でた茶そばを熱した瓦の上にのせ、錦糸卵、炒めた牛肉、ねぎ、のり、スライスしたレモン、もみじおろしをトッピングしたもので、茶そばと具材をつゆにつけて食べます。
と、「瓦そば」のウンチクを長々と語ったにも関わらず注文したのがコレ!
ビフテキ丼!
ビフテキ丼
つくづく、肉好きなんだなぁと実感…
I♡Meatです!
小鉢、サラダ、お吸い物、メインの丼がついて1200円。
丼の中は、ごはんに醤油ベースでやや酸味のある甘辛ダレをかけ、
その上にミディアムレアで焼かれたステーキと、ソテーされたネギ、
エリンギ、茹でたキャベツをのせるといった内容です。
食べやすくカットされた肉は柔らかく、程よくかかったブラックペッパーの
アクセントもよくって、ごはんとの相性もバッチリ!
ネギとエリンギもおいしかったです。
ただ、茹でキャベツは付け合わせ的存在だったのか、
ごはんとの相性は普通でした。
がー、しかし おいしく完食しましたー!
もちろん「瓦そば」のランチもありましたよ。
うな茶漬けのついた、瓦そばうな茶セット(1500円)や
十三穀米のつく、瓦そば十三穀米セット(1200円)です。
普通は、こっちを食べるんだろうなぁと思いながら、
本日の部活を終了しました。
——————————————
店名 元祖瓦そばたかせ博多リバレイン店
住所 福岡県福岡市博多区下川端町3-1
   博多リバレイン イニミニマニモ5F [地図]
TEL  092-283-5335
営業 11:00~22:00
定休 なし
URL  http://www.kawarasoba.jp/info/index.html





カテゴリー: 中洲周辺 | コメントはまだありません »

イムズの「TOKIO」でプリンセスランチ

今日の担当はマネマネ
ついに本格的な夏到来ですね。
日差しがこ・わ・い。
ビタミン…ビタミンをください!ということでIMS地下1Fにある「TOKIO」でフルーツたっぷりランチを食べてきました。
「忘れていませんか?果物はお腹の化粧品」というキャッチフレーズを見て反省しつつ、ランチメニューに目を通します。
ちなみにランチは15時まで。
よく注文するのは「アボカドサンドセット」(735円)なのですが、今日は軽くいきたい気分だったので「プリンセスランチ」(500円)に。
ワンコインが嬉しいーー
フルーツジュースとコーヒーが選べますが、迷わずフルーツジュースを注文。
プリンセスランチ
待つことしばし。プリンセスランチの登場です。
厚切りトースト1枚、フルーツ、ゆでたまご、フルーツジュースがセットになっています。
一見足りないかな?と思いますがこれが結構お腹いっぱいになるんですよ。
ジュースはたぶんいちご。ミックスジュースなので何が入ってるのか細かくはわかりません。
フルーツ
フルーツはスイカやメロン、キウイなど。夏だわ。
写真には写っていませんが下のほうにはバナナやパイナップルもありますよ。
どれも甘くておいしい!
あ、以前はアルミカップにはいっていましたがガラスの器になってます。
ちょっとランクアップした気分。
私はランチしか食べたことがないのですが、ここの季節のフルーツタルトやパフェのボリュームにはいつも驚かされます。
おとなりに座ったご夫婦が注文していた桃のパフェもおいしそうだった!
スイーツ系も挑戦してみたいなー。
スタンプカード
スタンプカードもあります。300円でスタンプ1個。
20個たまれば300円分サービスしてもらえます。
————————————
店名 TOKIOイムズ店
住所 福岡市中央区天神1-7-11イムズ地下1F [地図]
電話 092-733-2234
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定





カテゴリー: 天神1丁目 | 1件のコメント »

博多区古門戸町の「エルボン」でランチ

 今日の担当はシダシダ
福岡の最高気温は33度 
久しぶりに天気がよくなりましたね。
昨日までさえない天気だったので今日は日差しが強く感じられます。
っていうか暑い! ランチなんて外に出ない! 会社で弁当!
そんなみなさんに外に出て元気をつけてもらおうと
福岡ランチ部は今日もおいしいランチを探索です。
というわけで、
どーも!シダです。
今日は博多区古門戸町にあるエルボンへ行きました。
ホテルオークラから海のほうへ向かい10分ほど
昔ながらの洋食レストランといった感じでしょうか。
そして、
ここの看板メニュー(勝手に決めました・・・。)牛焼スタミナ定食を注文↓
牛焼スタミナ
見よ!このボリュームを!
鉄板の上にスパゲティ、薄切りの肉、もやし、ミックスベジタブルさらにブロッコリーが
添えられている。
これにゴハンがついて750円。
牛焼スタミナ定食
まさに炭水化物とたんぱく質の塊。
一緒に食べると合わない様な組見合わせですが
意外とこれがいけるんです。 おいすぃーーんです。
特製のソースをかけるとジュー!!! ○※▼∵×☆・・・。
ジューーーーーーーーーー!
完食!10分!
このお店のおもしろいところは、入ってきた人が狂ったように
「スタミナ~」 「スタミナ~」 と注文しているところ。
実は、30年以上も続いている老舗のレストランなのです。
この味はずっと続けて欲しいものですね。
あなたも「スタミナ~」と注文してみては?
他にも「トーナメント」という牛焼スタミナ焼きもありますが、意味は不明。
このブログを見られた方はぜひ挑戦してコメント下さい。
日替わりランチ(コーヒー付き) 1,000円
牛焼スタミナ定食 750円
トーナメント 1,200円
カレースタミナ 800円?
—————————————-
店名 エルボン
住所 福岡市博多区古門戸町6-11 [地図]
電話 092-271-5753
営業時間 不明
定休日 不明





カテゴリー: 中洲周辺 | 2件のコメント »

那の川の「リストランテ 中田中」でランチ

今日の担当はヒナパパスヒナパパス
今日は給料日&ボーナス!
金が入ったので、ちょいと遠くまで足をのばしてみました。
たどり着いた場所は、那の川四つ角から平尾駅方面へ徒歩約3分の「リストランテ 中田中」。ここは、高級和食店「田中田」の系列店なのです。同じ系列店には「わっぱ定食堂」もあります。
「田中田」とは違い、「リストランテ 中田中」はリーズナブル!
注文したメニューは、「選べるランチ」(2品で890円/3品で1150円※いずれもご飯、味噌汁orスープ、漬物、卵焼き付き。しかもご飯はおかわり自由)。選べるメニューはこの通り。
中田中メニュー
俺は、数日、お金がなくて、ろくに昼飯を食べていなかったため、トンカツ&カレー(激辛※ルーのみ)を注文しました。
カレー
すげ~!!うまい!!
揚げたてのトンカツ、炊きたてのご飯、煮込み肉たっぷり激辛カレー。。。
これは最高~!!
隣の席で、おっさんがなすみそ炒めを食べていたけど、これも旨そうだった。
ご飯をあっという間に食べてしまい、おかわり。そしたら、ビックリ!!
なんや、この量は!!食えね~よ!!
という感じの量がまた運ばれてきた。
もちろん、がんばって食べました。
最後にプラス200円を出して、日本酒を。
日本酒?
というのは、冗談で、サイダーを注文。これが、コッテリした料理を食べた後に合うんだよね。
サイダー
次回の担当のときには、薬院の某フランス料理店のランチを紹介します。
—————————————-
店名 リストランテ中田中
住所 福岡市南区那の川2-4-32グランブルー平尾1F [地図]
電話 092-533-1313
営業時間 11:30~22:30位
定休日 ほぼ無休





カテゴリー: 薬院・平尾 | 1件のコメント »

中洲中島町の「やんが」で男子高校生ランチ

今日の担当はパンダパンダとかまぼこかまぼこ
パ(パンダ 以下同)「今日はどこに行きたい?」
か(かまぼこ 以下同)「安くて、おいしくて、量がもりもりとしていて、お店の人の感じがいいところ」
果たしてそんな店があるのか??
あるのです。
それが、このランチ部全員の行きつけと化している、
中洲中島町の「やんが」。
やんが外観
本来、夜の営業がメインの居酒屋ダイニング(?)で、新鮮なお魚や、しゃれた一品料理を目当てにしているお客さんが多いようです。
しかし、ランチでも、定食を中心にしっかりしたものを食べさせてくれます。
特に私たちのお気に入りは、ジューシーな唐揚げや、
半分あんかけチャーハン(どちらも650円)。
ということで今日も…
か「今日は何にする?私は唐揚げ定食。」
パ「私は半分チャンかけアーハン。」
か「え? 半分なにアハーン??」
パ「いや、半分あんかけチャーハン!!」
言い間違い女王(パンダ)と聞き間違い大魔王(かまぼこ)。
会話もままなりません。
ついには
お姉さん「ご注文は?」
パ「唐揚げ定食と、半分チャンかけアーハンで! あっ、間違えた!!」
本番のオーダーでも間違う始末…
そんな二人の前にも、ちゃんと料理は並び始めます。
まずでてきたのは、豆腐とつけもの。
とうふ
か「メインを待ってる間に、飢えをしのげるのがありがたいよね!!」
パ「おいしいしね。」
ほどなくメインもやってきます。
まず、唐揚げ定食がコレ!
唐揚げ定食
噛むと、熱々の肉汁がジュワッ。
まさに、外はサクサク、中身はジュ~シ~。
下味もしっかりついています。
唐揚げアップ
理由はわからないけど、どこか、日本離れした感じがする。
か「今日もうまい!このクラスの唐揚げってなかなかお目にかかれないよね」
パ「見た目もおっきくてインパクトがある~」
特に、男子高校生にお勧めしたい。
そして、ジャジャーン!これが、半分あんかけチャーハン!!
半分あんかけチャーハン
通常の「あんかけチャーハン」(650円)がハーフになり、
その分唐揚げがついたお得メニューです。
パ「どれにするか迷ったらこれだよね。チャーハンと唐揚げが一緒に楽
しめる。もちろんおいしい」
か「チャーハンおいしい店って、何でもおいしいよね。」
そして、食事が終わりかけたころ…
「食後は、コーヒーとアイスクリーム、どちらにされますか?」
の声が。
そう、「やんが」のランチには、サービスで、コーヒーかアイスがつくんです(女性客限定)。
しかも、マロンとか、コーヒーとか、ちょっと変わった系の
手作りアイス。う~たまらん!
アイス
今日は、コーヒーとバニラでした。
か「アイスを選んで、会社に帰って備品のコーヒーを飲み、両方楽しむのが私流。」
パ「それって、ただのケチ??」
もちろん、今日も完食です!!
——————————–
店名 喰って呑んで喋っ店 中洲中島町 やんが
住 所 福岡県福岡市博多区中洲中島町4-23 高倉ビル1F [地図]
TEL 092-262-0662
営業 昼11:30~14:00 夜17:30~25:00(LO24:00) 土・祭日は夜のみ
定休日 日曜日





カテゴリー: 中洲周辺 | 3件のコメント »

大名「ごだいご」でお替わりランチ

今日の担当はメガネめがね
 あ~、頭がだるい…。ったく、朝は苦手なんだよね~。
なにせ極度の低血圧だから。しっかりと頭が働きだすのは
午後くらいなんだよな。
 と午前中のアポイントが終わると、ちょうどランチタイム
の時間。せっかくだからランチしてから会社に戻ろうと大名を歩くこと10分。
 なんだか次々とサラリーマンやOLさんが入っていく
お店を発見。人の影響を受けやすい僕にとっては、
どんどんと人がお店に入っていく光景を目の当たりに
すると、きっといい店だ!と勝手に思い込み、人の流れに
身を任せて、来店。
「自然物語 北新地 ごだいご」
店内はカウンター、テーブル席と奥にお座敷と
広々としていました。
注文したのは、
チキン南蛮定食(693円)。
ごだいごチキン南蛮
なんと、うれしいことにご飯とお味噌汁はお替わり自由で
コーヒーや紅茶(ホット・アイス)、オレンジやウーロン茶
などが飲めるドリンクバーもついて693円ポッキリ!
ごだいごチキン南蛮アップ
あ~、うれしすぎて手がぶれちゃいました。
ピントが合わず!
かなりハラヘリヘリハラだったので、
チキン南蛮にガブリ。千切りした大根が
たっぷりと乗っていて、さっぱりしてました。
一心不乱に食べ続け、ご飯とお味噌汁をお替わり!
さらにがっついて、早々とチキン南蛮が
無くなってしまいました。でも、ご飯が残っている…。
あ~、どうしようと思っていると、あっ!この緑色の
袋は!丸美屋の「のりたま」が付いてました。
(ちなみに隣のお客さんは丸美屋のカツオみりんでした)
「のりたま」をご飯にぶっかけて、口にかきこみました。
完食後、ドリンクバーのアイスコーヒーを飲み、タバコを
一服。ふぅ~。
———————————————-
店名 自然物語 北新地 ごだいご 【閉店】
住所 福岡市中央区大名1-15-38 第16ラインビル1F [地図]
電話 092-716-8383
営業 ランチ 11:30~15:00(14:30OS・月~土)
   ディナー17:00~24:00(月~木・日祝)
       17:00~翌1:00(金・土・祝前日)
定休 なし





カテゴリー: 大名 | コメントはまだありません »