福岡ランチ部日誌 毎日提出必須!!部員が食べ歩いた福岡のランチ情報をみなさまに。
人気のお店から隠れた名店まで福岡のランチを食べつくせ!

部員紹介

    部長

    麺類と丼を一緒に食べる炭水化物中毒。夏は香川へ遠征。鶏肉にも目がない

    セレ部員T

    ランチぐらいセレぶりたい☆1000円オーバー(安い!?)のランチを食べ歩きます


    かまぼこ
    好き嫌いなしの貧乏部員。飢えればアリンコも食べます。

    ハイジ
    自然食を愛する和食党のハイジです。チーズも好き

    メガネ
    麺好き、焼鳥好き、丸腸好き、豚汁好き、そしてメガネ好き

    フレッシュ
    なんでも大好き、フレッシュガール。どんなものでも美味しくいただきま~す!

    まるちゃん
    一人暮らしで栄養不足↓安くて栄養満点でおいしいランチを探求するぞ!

    トミー
    甘いもの大好きトミーです。デザート付きランチめざして出発!

    イワオマス
    三度のメシよりランチがスキ。ランチを食べない日がないくらい!

    マネ
    ユーレイ部員撲滅!前髪をたなびかせて自らもランチ報告するマネージャーです

月別アーカイブ

中洲「元祖瓦そば たかせ」ビフテキ丼ランチ

今日の担当はセレ部員Tセレ部員T
前回に引き続き、またもや博多リバレイン イニミニマニモ5階グルメフロアに
セレ部活をしにきましたー!
今回は、このフロアでまだ入ったことのない、
山口県川棚温泉の名物料理がウリの「元祖瓦そば たかせ」で
お約束の1000円オーバーのランチを食べたいと思います。
たかせ
外観はこのような感じ。店内はテーブル席や座敷の
ほかに、二人掛けソファのようなイスに座るカウン
ター席がありましたよー。座り心地もよかったです
この、いかにも温泉地の名物料理っぽい「瓦そば」ですが、
その歴史は古いみたい。
明治十年、西南の役において熊本城を囲む薩軍の兵士が、長い野戦の合間に瓦を用いて野草、肉などを焼いて食べたという話をヒントに、「たかせ」の創立者 高瀬慎一という方が「瓦そば」を考案したようです。「瓦そば」は茹でた茶そばを熱した瓦の上にのせ、錦糸卵、炒めた牛肉、ねぎ、のり、スライスしたレモン、もみじおろしをトッピングしたもので、茶そばと具材をつゆにつけて食べます。
と、「瓦そば」のウンチクを長々と語ったにも関わらず注文したのがコレ!
ビフテキ丼!
ビフテキ丼
つくづく、肉好きなんだなぁと実感…
I♡Meatです!
小鉢、サラダ、お吸い物、メインの丼がついて1200円。
丼の中は、ごはんに醤油ベースでやや酸味のある甘辛ダレをかけ、
その上にミディアムレアで焼かれたステーキと、ソテーされたネギ、
エリンギ、茹でたキャベツをのせるといった内容です。
食べやすくカットされた肉は柔らかく、程よくかかったブラックペッパーの
アクセントもよくって、ごはんとの相性もバッチリ!
ネギとエリンギもおいしかったです。
ただ、茹でキャベツは付け合わせ的存在だったのか、
ごはんとの相性は普通でした。
がー、しかし おいしく完食しましたー!
もちろん「瓦そば」のランチもありましたよ。
うな茶漬けのついた、瓦そばうな茶セット(1500円)や
十三穀米のつく、瓦そば十三穀米セット(1200円)です。
普通は、こっちを食べるんだろうなぁと思いながら、
本日の部活を終了しました。
——————————————
店名 元祖瓦そばたかせ博多リバレイン店
住所 福岡県福岡市博多区下川端町3-1
   博多リバレイン イニミニマニモ5F [地図]
TEL  092-283-5335
営業 11:00~22:00
定休 なし
URL  http://www.kawarasoba.jp/info/index.html





カテゴリー: 中洲周辺 | コメントはまだありません »