福岡ランチ部日誌 毎日提出必須!!部員が食べ歩いた福岡のランチ情報をみなさまに。
人気のお店から隠れた名店まで福岡のランチを食べつくせ!

部員紹介

    部長

    麺類と丼を一緒に食べる炭水化物中毒。夏は香川へ遠征。鶏肉にも目がない

    セレ部員T

    ランチぐらいセレぶりたい☆1000円オーバー(安い!?)のランチを食べ歩きます


    かまぼこ
    好き嫌いなしの貧乏部員。飢えればアリンコも食べます。

    ハイジ
    自然食を愛する和食党のハイジです。チーズも好き

    メガネ
    麺好き、焼鳥好き、丸腸好き、豚汁好き、そしてメガネ好き

    フレッシュ
    なんでも大好き、フレッシュガール。どんなものでも美味しくいただきま~す!

    まるちゃん
    一人暮らしで栄養不足↓安くて栄養満点でおいしいランチを探求するぞ!

    トミー
    甘いもの大好きトミーです。デザート付きランチめざして出発!

    イワオマス
    三度のメシよりランチがスキ。ランチを食べない日がないくらい!

    マネ
    ユーレイ部員撲滅!前髪をたなびかせて自らもランチ報告するマネージャーです

月別アーカイブ

門司港レトロで「とらやのハヤシライス」ランチ

今日の担当はめがねメガネ
 今日は出張です。北九州の門司港にやってきました。
関門海峡の望む、大正ロマンのレトロな雰囲気が漂う
「門司港レトロ地区」。久しぶりにきました。
 ところが…、今日は寒い!海沿いということもあり、
強風が吹いています。僕の髪がハリネズミのように
逆立ってしまいました。
 午前中の仕事が終わり、ランチの時間。午後の仕事に
むけて、おいしいランチを食べて気合を入れたいと思い、
門司港レトロ地区を散策。歩いていると「バナナの叩き売り」の
石碑が目に入りました。そうです!門司港がバナナの
叩き売りの発祥の地なんです。門司港では、年間を通して、
バナナや叩き売りに関するイベントが行われており、
「バナナ供養」なんていうイベントもあるんですよ。
この「バナナの叩き売り」の石碑とほぼ同じ場所にある
「コーヒールーム とらや」。なんでも、店名の由来は
寅年にできたので“とらや”。昭和5年から作り続けている
ハヤシライスが有名なお店です。
店に入って、注文するのはもちろん「ハヤシライスセット」
(830円)。サラダとアフタードリンクが付いています。
ハヤシライス2
いや~、たまりませんね、このデミグラスソース。ふんわり
たまごが最高です。実は、隠し味に味噌を使っていて、
まろやかでコクのあります。
ハヤシライス3
見た目はオムライス風ですが、ハヤシライスなので
中は白ご飯。味はしつこくなく、ぺろりといけます。
あっという間に完食ですよ。
 アフターに注文したのは、ホットの紅茶。
紅茶
 門司港レトロならではのレトロな雰囲気がたっぷり
つまった店内もいいですね。
とらや店内
んっ!?誰かのサインが飾ってあるぞ。
サイン
見にくいですが、谷村新司さんのサインです。しかも、
2度も来店しています。さらに、写真も飾っていましたよ。
いやいや、口がこえた有名歌手でさえ、とりこになる味。
門司港レトロ地区に行かれた際には、ぜひお立ち寄りくだされ。
———————————————-
店名:コーヒールーム とらや
住所:北九州市門司区港町1-6[地図]
電話:093-321-0370





カテゴリー: 北九州エリア | コメントはまだありません »