福岡ランチ部日誌 毎日提出必須!!部員が食べ歩いた福岡のランチ情報をみなさまに。
人気のお店から隠れた名店まで福岡のランチを食べつくせ!

部員紹介

    部長

    麺類と丼を一緒に食べる炭水化物中毒。夏は香川へ遠征。鶏肉にも目がない

    セレ部員T

    ランチぐらいセレぶりたい☆1000円オーバー(安い!?)のランチを食べ歩きます


    かまぼこ
    好き嫌いなしの貧乏部員。飢えればアリンコも食べます。

    ハイジ
    自然食を愛する和食党のハイジです。チーズも好き

    メガネ
    麺好き、焼鳥好き、丸腸好き、豚汁好き、そしてメガネ好き

    フレッシュ
    なんでも大好き、フレッシュガール。どんなものでも美味しくいただきま~す!

    まるちゃん
    一人暮らしで栄養不足↓安くて栄養満点でおいしいランチを探求するぞ!

    トミー
    甘いもの大好きトミーです。デザート付きランチめざして出発!

    イワオマス
    三度のメシよりランチがスキ。ランチを食べない日がないくらい!

    マネ
    ユーレイ部員撲滅!前髪をたなびかせて自らもランチ報告するマネージャーです

月別アーカイブ

水鏡天満宮横丁の「ゆめ屋」で日替りランチ

今日の担当はパンダパンダ
今日は、珍しいメンツとランチに行ってきました。
メンバーはレディース軍団のアネゴと、デザイナーの王子M、体育会系に見えるけど
「私、インドア派なんすよ」という新入社員Nちゃんの4人。
発端はアネゴ。
「パンダくん、がっつりしたもの食べたくないかね」
「いいえ、私はダイエット中でござる。さっぱりとしたものが食べたいでござる」
「1日ぐらいじゃ、変わらん、変わらん」
「では、魚の定食かなんかいかがでしょう」
ということで、残り2人を誘って、アネゴのいきつけ(?)という「ゆめ屋」へ。
水鏡天満宮横丁といえば、サバ料理の店「真」や、インド料理店「スラージ」がある所で、ランチ部にとってはおなじみの通り。
庶民的な雰囲気のお店で、昼は定食屋、夜は居酒屋としてサラリーマンのおっちゃんたちで賑わってます。
1階は案の定、サラリーマンでいっぱいだったので、私たちは2階の座敷へ。
着席した途端、間髪入れず、店主らしき方が注文をとりにやって来た!
優柔不断で、まだ決めかねていたパンダは密かに驚きつつも、
Nちゃんと同様、日替り定食(680円)を注文。
今日の日替りは、チキンカツとのことで、
パンダは魚の定食を食べようと思っていたにもかかわらず、
何故かこってり系を頼んでしまった始末・・・。
いいや、食べたかったの・・・。
アネゴと王子は、さらにこってり&がっつりとレバニラ定食(700円)を頼んでおりました。
「スタミナ、つけとかないとね」と王子。
王子はスレンダーで可憐な容姿とは裏腹に、がっつり食べるんです!これが!
料理を待っている間、アネゴの地元話や、Nちゃんの話題でしばし談笑。
ふと、テーブルに目をやると、卵が4つ入った皿が。
後でお店の方に聞くと、定食にはゆで卵がつくとのこと。珍しいですよね。
ゆでたまご
さらにつけものもおいてあります。
つけもの
そうこうしている間に運ばれてきました、チキンカツ定食。
チキンカツ定食
小鉢、味噌汁、ご飯(お替りOK)が付いています。
とってもカラッと、ちょっと衣がごげ茶色になるほど
カラッと揚がったボリュームたっぷりのチキンカツ。
チキンカツアップ
小食(←?)のパンダはかなり苦しかったのですが、
Nちゃんはご飯のお代わりを頼んでいました。
やっぱり体育会系じゃないのかしら?!と、疑うパンダ。
一方、レバニラ定食の方は、撮影をし忘れておりました。すみませ~ん。
お察しのとおり、こちらもかなりのボリュームでしたよ。
食後は、ホットコーヒー(150円)やウーロン茶(50円)、生ビール小(250円)など、
アフタードリンクもありますが、各テーブルに何故かジョッキに入った麦茶があるので、
私たちは麦茶でしばし休憩。
ふう~満腹です。
パンダは食べきれなかったゆで卵をお持ち帰り。
というのも、「卵料理(?)の中で、一番ゆで卵が好き!」というマネのために。
会社へ戻って、こっそり机の上に置いておきました。
マネ、喜んでくれたかしら。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
突然マネマネです。
外出先から帰ってみると、机の上になにやら怪しい包み紙…
開けてみると…じゃーん!
おみやげ
なんとモナムール・ゆで卵でした!
ゆで卵を見て私を思い出してくれたなんて嬉しいワ。
しかもかわいい顔つき。ありがとおおー
————————————————————-
店名 ゆめ屋
住所 福岡市中央区天神1丁目15-3 水鏡天満宮横丁内[地図]
TEL 092-731-2475





カテゴリー: 天神1丁目 | コメントはまだありません »