福岡ランチ部日誌 毎日提出必須!!部員が食べ歩いた福岡のランチ情報をみなさまに。
人気のお店から隠れた名店まで福岡のランチを食べつくせ!

部員紹介

    部長

    麺類と丼を一緒に食べる炭水化物中毒。夏は香川へ遠征。鶏肉にも目がない

    セレ部員T

    ランチぐらいセレぶりたい☆1000円オーバー(安い!?)のランチを食べ歩きます


    かまぼこ
    好き嫌いなしの貧乏部員。飢えればアリンコも食べます。

    ハイジ
    自然食を愛する和食党のハイジです。チーズも好き

    メガネ
    麺好き、焼鳥好き、丸腸好き、豚汁好き、そしてメガネ好き

    フレッシュ
    なんでも大好き、フレッシュガール。どんなものでも美味しくいただきま~す!

    まるちゃん
    一人暮らしで栄養不足↓安くて栄養満点でおいしいランチを探求するぞ!

    トミー
    甘いもの大好きトミーです。デザート付きランチめざして出発!

    イワオマス
    三度のメシよりランチがスキ。ランチを食べない日がないくらい!

    マネ
    ユーレイ部員撲滅!前髪をたなびかせて自らもランチ報告するマネージャーです

月別アーカイブ

店屋町「はいから食堂」で定食ランチ

今日の担当はまるちゃんまるちゃん
「パスタが食べたいですね~」と言うことで、イタリアンレストラン「トラットリア・ナナクラ」を目指して店屋町周辺をブラブラしいたら、定食屋の「はいから食堂」を発見!
「トラットリア・ナナクラ」の向かいにあります。
パスタモードから一気に定食モードに切り替えて行ってきました~
2006年オープンということで、ランチ部には初登場です。
とんかつ・エビフライなどが付く「ハイカラ定食」や「豚汁定食」など15種前後の定食メニューが670円~そろっています。
私は、季節限定の「さんま定食」(800円くらい?)を注文。

かなり大ぶりのさんまです。久しぶりの和食で体も喜んでます♪

一緒にランチをしたIさんは、1日15食限定の「手作りハンバーグ定食?」(980円くらい)を注文。

こぶし大くらいのハンバーグとコロッケ2個付きです。
ちなみにおかわりは自由♪
久しぶりにおかわりしちゃいました~
やっぱり、安くてウマい定食屋はいいですネ☆
—————————————————-
店名:はいから食堂
住所:福岡市博多区店屋町2-21 [地図]
電話:092-272-0272
時間:11:30~22:00ごろ
休み:ほぼ無休





カテゴリー: 中洲周辺 | コメントはまだありません »

警固「クリスティーズ」でパスタとピッツァランチ

今日の担当はかみこかみこ
今日は久しぶりにマネマネ姉さんとランチ♪
去年の4月から行きたい行きたいと言っていた「パスタ エ ピッツァ クリスティーズ」にGO!
「警固まで来るとさすがに遠いよね」と、チャリを飛ばして行ってきました。

お店の前にある黒板には「火曜・木曜のランチはセット2品チョイスが3品に!」と書いてあります。
木曜に来てよかった!!
お店の中は思ってたより席数が少なくて、意外でした。もうひとつのクリスティーズは広いからかな。
ランチセットはパスタとピッツァそれぞれにAコース、Bコースがあって、Bコースの方がちょっと高め。
どれにしようかな、と迷っていると、マネ「かみこ、パスタにしない?ココのピッツァは量が多いみたいだから二人で頼んだらきっと多いよ」。
おお、そうか、だったらパスタにしよう。
ということで、アマトリチャーナ(ベーコン、玉ネギ、チーズ)のAセット(892円)を頼みました。
マネ姉さんはカプリチョーザ(生ハム、チーズ)のピッツァのAセット(1050円)です。
どっちも、スープとサラダ、デザートのセットにしました。
まずはスープとサラダ。
カボチャのスープです。甘くてイイお味。
サラダは最後の水菜がなかなかフォークですくえず、姉さん苦労。

そして、私が頼んだパスタ・アマトリチャーナ。
多分、生パスタでした。ツルンとした食感じゃなくて、もちもちした不思議な食感。

トマトソースがよく絡んで、ベーコンも炙ってあるのか香ばしくておいしい。
生パスタって結構お腹にたまります。
そして、来ました!カプリチョーザ。

半分なのは、食べたからじゃないですよ。
生ハムとチーズを生地に乗せて、それを半分に折って焼く“包み焼き”スタイルなんです。
ほら、見て!

グッドタイミングで写真が撮れました。
チーズがとろけておいしそうでしょ?
生地はカリカリの部分ともちっとした部分があって食べ応えあります。
デザートはチーズケーキ(左)とガトーショコラ(右)。

エスプレッソがつきます。

本格的なエスプレッソって初めて飲みます。
チーズケーキは中にナッツが入ってたみたい。
ガトーショコラは「外はサクッとしてたけど中はしっとりしてて、チョコレートっぽさがよく出てた」ようです。
エスプレッソに関する姉さんのエピソードを聞きながら、ごちそうさまでした!
姉妹店の「クリスティーズ」もランチを始めたようなので、今度挑戦してみたいですね!
———————————————–
店名:Pasta e Pizza CHRISTIE’S(パスタ エ ピッツァ クリスティーズ) 
住所:福岡市中央区警固2-16-11 坂口ビル1F[地図]
TEL:092-751-1171
営業時間:11:30~24:00(OS23:00)





カテゴリー: 赤坂・警固 | コメントはまだありません »

天神「ロザリアンコーヒー」でパスタランチ

今日の担当はぴよぴよセレ部員M
2月も終わろうかとしていますが寒い日が続いてますね。
なので、まだまだ愛用のレザーダウンジャケットが活躍しているのですが、
どこかでひっかけたのか、裏地が破れかけてました…
困っていたところ、会社のSっちが服の修理をしてくれる店を
紹介してくれるということで天神方面へ。
Sっち曰く、「服で困ったときの“天神の母”がいる店」と
絶大な支持をしているようです。
で、到着したのが

PALSビルの地下に入るミヨシヤ
その“母”に、どういう風に補修するか相談にのってもらい
修理をお願いしました。
と前置きが長くなりましたが、部活の報告を!

Sっちが以前バイトをしていた、
同ビル1階のロザリアンコーヒーへ行きました。
店内は、

こんな感じです。雑誌も多く置いてます。
ランチメニューは前にマネマネが食べたカレーランチや、
ドリアプレートランチなどがあり、
今日はパスタランチ(750円)を頼みました。
まずは、

ドリンクとサラダ。Sっちはランチを済ませていたので
ブルーベリーラテを飲んでました。
「ここにしかないんすよね~」とか言いながら
(大手シアトル系にはないらしいです)。
続いて

パスタ。クリームソース仕立てで小エビやアスパラガスが
入ってます。ブラックペッパーが効いておいしかったです。
今日は、いいルーティーンで部活をさせてもらいましたー!
一週間後の修理の仕上がりが楽しみです。
—————————————————
店名 ロザリアンコーヒー
住所 福岡市中央区天神2-6-32 PALSビル1F [地図]
TEL 092-734-2020





カテゴリー: 天神2丁目 | コメントはまだありません »

川端商店街「とん喜」でもち豚ランチ

今日の担当はめがねメガネ
こんちにちは。
今日の風雨はすごかったですね。
こんな雨降りの日は、
商店街に限るということで、
川端商店街へと向かいました。
目的地は、「とん喜」。(※喜は七が3つ)
いわずと知れたとんかつ屋の老舗。
とんかつのうまい焼き鳥屋として
評判です(矛盾していないか?)。

店内には、プロ野球選手のサインが
飾られています。
なかには、わが心の師、王監督のサインが
3つもありました。サインのそばには、
「氣力」「日本一」「世界一」と
添えられています。サイコー!

迷うことなく、ランチを注文。
「ロースかつ定食(1,100円)」。
もち豚を使用しています。

貝汁、お新香、大量のキャベツなど。

サクッとやわらか。結構、サッパリなお味。
しかし、大量のキャベツに苦戦…。
3種類のドレッシングをかけまくって、
チャレンジしましたが、残しちゃいました…。
ちなみに夜は、「博多一番どり」に変身します。
カッ!
———————————————–
店名:とん喜 
住所:福岡市博多区上川端5-108(川端商店街内)[地図]
TEL:092-273-1369
営業時間:11:30~15:00





カテゴリー: 中洲周辺 | 1件のコメント »

天神・大丸「佐藤養助」さんの稲庭うどんをチュルり♪

今日の担当はハイジハイジ
江戸時代中期創業の、稲庭干饂飩(いなにわほしうどん)の店。
直営店は、本店がある秋田のほかに、東京とココ福岡のみ!
そんなお店に、偶然巡りあいました。

大丸の飲食フロアの端っこ。
「佐藤養助」。
斬新なお名前!と思ったら、7代目のお写真がありました。
当主から、名前を継いでいるのですね。
そして、店名はそのまま。
稲庭うどんのメニューが約15種類。
冷やしか、温か選べるメニューがほとんどでした。
ぶっ掛けなどもあって、充実のメニュー展開です。
価格は、「かけ」が630円くらい。
天ぷらなどの小鉢も10ちょっとありました。
本日の昼御膳(1050円)をいただくことにしました。
内容は、ざっと、日替りうどん+日替りごはん+小鉢+漬物。
詳しくは、お店の張り紙をごらんください。

ていねいに書き出してあるときほど内容がいまいちなのよね…
と、ちょっとひねた気持ちで待つこと、約5分。
早い! おまけに、予想以上に盛りだくさん!!

稲庭うどんって麺がとっても細いんです。

ちょっと遅めのランチだったので、チュルチュルっと、あっという間。
空腹だけが理由じゃなくて、その喉ごし、本当においしかったです!
トッピングがにぎやかなのも、うれしくて。
今日のポイント、4ハイジ☆☆☆☆
この後、ケーキのおつかいがあったから、お店のお姉さんにオススメのケーキ屋を聞いて帰りました。
そのケーキ屋もかわいらしくて、すてきなお店でした。
佐藤養助さんのおかげで、よいお昼休みになりました♪
——————————————————————–
店名 佐藤養助 福岡天神
住所 福岡市中央区天神1-4-1 大丸 福岡天神店東館エルガーラB2 [地図]
TEL 092-737-1740
営業時間 10:00~19:30
HP http://www.sato-yoske.co.jp/fukuokatenjin.htm





カテゴリー: 天神1丁目 | コメントはまだありません »

赤坂「たい寿」で、ゆるりサバランチ

今日の担当はかまぼこかまぼこ
今日は、朝から赤坂近辺で打ち合わせ~。
12時回った頃には、すっかりお腹がペコペコです。
同行していたM姐さんに「どこかステキな店で、マダムランチをしましょうよ~」とせがみ、ひとまず浄水通りに向かっている道中。
安い定食ランチを出している、魚料理の店を発見しました!
ちょうちんに「たい寿」とあります。

こういう、庶民的なたたずまいの店がおいしかったりするんですよね~。
私たちは「浄水通りのステキランチ」をあっさり放棄して、「たい寿」ののれんをくぐってみました。
店内はカウンター+テーブル席のこぢんまりとした造り。

テーブル席に陣取って、二人とも日替わり(700円)をオーダー。「サバの塩焼き」です。
ほかにも天ぷらや刺身の定食があったようで、かなりそそられました!

プーさんの急須ででてきたほうじ茶で、ゆるりと世間話をしておりましたら…
さっそく、定食がやって参りました。

右上の小鉢はおでんです。そういや今シーズン初おでんやな。
ダシが染みた大根がうまい。
サバは、「真」ばりに大きいのを期待してたんですが、そりゃ、700円だからこの大きさで当然か…。
しかし、脂が乗っていて、よいお味でした!
品数も多いし、まあ、この価格でこの内容はお得なのではないでしょうか。
ぺろっと完食。
おごちそうさまでした~!
——————————————–
店名 たい寿
住所 福岡市中央区赤坂3丁目13-35 [地図]
TEL 092-751-2580





カテゴリー: 赤坂・警固 | コメントはまだありません »

中洲「廣島つけ麺 ばくだん屋」で激辛!つけ麺ランチ

今日の担当はマネマネ
午前中に一緒に仕事だったメガネと、Mさんとランチしてきました。
行き先は中洲のつけ麺屋「ばくだん屋」。

以前、まるちゃんまるちゃんが行っていたのは大名店ですが、今回は11月にできた博多中洲店。私もメガネもつけ麺初挑戦です。
お店はほぼ満席。カウンターを少し空けてもらって席につきました。
廣島発祥のつけ麺屋さんで、全国展開されているようですね。
テレビの取材もよく入っているらしく、店内には色んな人のサインやら、取材時の様子やらが張られていました。
さて、何を注文しようかなーとメニューを見ていたら目に入ったのは…

“必ず辛いタレでたべるべし!”“5~10倍がおすすめ”など辛さをアピールする言葉の数々。ひいー。辛いのね。私辛いのニガテなんですけど・・
私とメガネが注文したのは、看板メニューの「廣島つけ麺」。
Mさんが注文したのは「辛みそつけそば」。どっちにしろ辛いんでしょうね。
注文時、「辛いの大丈夫ですか?」とお店のお兄さんに聞かれました。私は「ニガテです…」と、メガネは「普通です」と告げました。何辛にしてくれるんでしょーねー。
あ、杏仁豆腐もおすすめらしいですが、350円と悩む値段だったのであきらめました。
待つことしばし。タレからやってきました~。

ごまを浮かべ、オレンジ色に輝くタレ…辛そう。あ、なんだか色が違う。。

これが私が注文した「廣島つけ麺・並」(750円)。メガネは麺が1.5人分の大(900円)です。冷たいタレにつけて食べるタイプです。
ゆでたキャベツ、細切りのきゅうり、ネギ、チャーシューがのってます。

こちらはMさん注文の「辛みそつけそば・並」(700円)。半熟たまごがおいしそー。こちらは温かいタレです。

タレをたっぷりつけていただきまーす!
うん、そんなに辛くない。ぜんぜんOKです。タレはごま油がけっこうきいてるものの、醤油味であっさりです。
辛くなくてよかったわ、もぐもぐ。と一口目を食べていると、隣の席から早くも「辛っ!」という声が。メガネは思いがけず辛かったようで、既にうっすら汗をかいています。もう片方の隣を見ると、Mさんも汗をかきつつ麺をすすっています。どうやら普通に頼むとなかなか辛いようです。
その後も、隣から「ひいー」「うおー」「水もらっていいですか…」「生麺だけ食べてみよう…」など辛さに苦しむ声は聞こえてきていましたが、私は美味しく頂きました。
辛いのニガテな方、ご注意を~。
————————————————————–
店名 廣島つけ麺 ばくだん屋 博多中洲店
住所 福岡県博多区中洲3-1-2 新川丈ビル1F [地図]
TEL 092-262-8823
営業時間 11:30~?
HP http://bakudanya.net/





カテゴリー: 中洲周辺 | 1件のコメント »